3種類ある共有名義不動産の売却方法

自分の共有持分だけを売却

共有名義不動産は、自分自身の所有権がある部分だけを売りに出すやり方があります。
一見、共有名義になっていると所有権があってもそれだけ単独で売ることができないイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
不動産における所有権は、その権利がある部分については本人が自由に決めることができるルールになっていますので、所有権を得ているいわゆる共有名義不動産の中での自分の持分だけは他の所有者に断りなどをせずに売却が可能です。
ただし、所有権を持っている部分だけを売却しようとしても、不動産の一部分だけになることからも買い手が付かない可能性が高めです。
なお、自分の持分だけを売却する際には他の所有者に話し合いを求めるなどは要りませんが、一般的に流通が難しい持分だけの売却も他の所有者と話し合いを行い、他の所有者に買い取りして貰うなどの売却方法もありますので親族間での話し合いの時間を設けることが大切です。

共有者全員で共有名義不動産を一括売却


共有名義不動産の売却方法の中でも、共有持分全てを売るといった方法は最も効果的なやり方といえます。
この場合は、共有名義になっている全ての所有者からの同意と承認が必要になること、同意や承認を得るためには話し合いおよび説得が必要になることもあります。
ちなみに、共有名義の不動産にはそれぞれの持分となるものが明確になっていますので、売却した後の不動産の収益は持分で分配されることになります。
例えば、査定価格が2,400万円で3人が共有名義であり、それぞれ1/3のときには各自800万円ずつ分配されることになるわけです。
この場合は、3人とも同じ所有割合になるため不平不満も少ないかと思われますが、持分の割合が少ない所有者がいるときなど話し合いの段階で売却に反対することもある、一人でも売却に反対しているときにはこの方法では売ることはできませんので、各自の持分だけを個別に売却するなどの方法が有力です。

まとめ

共有名義不動産の売却方法には、自分の共有持ち分だけを売却する方法や共有者全員で一括で売却する方法、そして土地の場合なら分筆して売却する3つのやり方があります。
分筆は、土地のみといった制限があるのですが、これによりそれぞれの土地に分けて単独名義にすることができますし、兄弟姉妹で話し合いを行って単独名義にした不動産を買取一つの土地にして売却するなどのやり方もあるわけです。
なお、いずれも法律的な要素があるので弁護士などの専門家への相談もおすすめです。