共有名義不動産の名義人同士で売却トラブルにしないための方法

共有名義不動産の売却で起こりえるトラブルを考えておこう

一般的に共有名義の不動産を売却したいとなった場合には、名義人同士で売却トラブルが発生することも多く見られます。
事前にどのようなトラブルが起こり得るのか、またその対処法については把握しておくことが重要と言えるでしょう。

起こりえるトラブルとしては、買取業者に持ち分売買を打診される点が挙げられます。
共有名義の不動産において、共有持分の買取に特化している業者の場合には、他の名義人に連絡を取って、買い取った持分を買い取るように話を持ちかけるケースが多くあります。
もしくは他の全員の持分を買い取り、不動産全体の所有権を獲得するケースも見られます。
つまり自分が売却してしまった場合には、他の名義人に売買の話が伝わり、他の名義人が売却をすると、自分のもとに業者から売買の話が来る可能性があるということになります。
勝手に先に自分の持ち分だけを売却した場合には、後々人間関係にヒビが入る可能性があります。

共有名義不動産売却で揉めないためにも話し合いが大切です


共有名義不動産を売却するにあたり、できるだけトラブルを避けるためにも、共有者全員で売却を行うのが一番良い方法といえます。
全員の合意が得られれば、共有名義の不動産全体を売却することが可能です。
一部分だけではなく、全員の持分である不動産全体を売却することができるので、建物1軒で売り出すのと同じことがいえます。
相場価格で売り出せる事は大きなメリットと言えるでしょう。
この場合には売却で得た利益を話し合った上で、全員で分け合うことが一般的です。

売却価格で揉めないようにするためにも、まずは不動産鑑定を受けることが大切です。
国家資格を持つ不動産鑑定士が、土地や建物などの不動産がどれぐらいの価値があるのか、その適正な値を判断することを指しています。
国が定める評価に関する法律に基づいて鑑定が行われることから、適正な評価額が提示されることでしょう。
名義人全員で動くことにより、トラブルは大きく減らすことができます。
自分勝手な行動を慎むことを意識しましょう。

まとめ

共有名義の不動産は、自分自身の不動産持分だけでも自由に売却することができるため、他の誰かが売却することをやめさせる事は難しいです。
無断で売却を行ったり、反対に行われた場合には、その後名義人同士で大きなトラブルに発展する可能性もあるでしょう。
トラブルの発生は共有者同士の関係性の悪化につながる可能性が大いに考えられます。
万が一疑問や不安がある場合、売却が原因でトラブルが発生している場合には、専門家への相談も1つの手段です。