共有名義の不動産を売却するまでの流れ

最初のステップは共有者と話し合うこと

共有名義の普段を売却する流れは、一般的な物件を売る際にとは異なります。
また、途中でフローが分岐する点にも気を付けなけばなりません。
その必要があるのは共有名義ならでは事情があるからです。
共有名義の物件は個人の意思だけでは売れません。
自分だけの不動産ではないので当然ですが、共有名義の人たちとの合意が必須の条件となります。

したがって、物件を売りたいと思った場合、そのために話し合うことが最初のステップです。
普段一緒にいる身内の人が相手なら、たいていはスムーズに進められるでしょう。
一方、疎遠になっている親族や知人が相手なら、かなり時間を要する場合があります。
所在を確かめることが必要になるケースもあるでしょう。
いずれにせよ、合意を得られると後は一般的な物件を売るときと同じです。
買手を見つけて売買契約を結ぶことになります。
ただし、自分たちでそうするのは難しいため、不動産業者を頼ることが多いです。

合意に至らなかった場合のフローは?


共有名義の人たちと合意に至らなかった場合、次に行うのは自己の持分を売るかどうかの判断です。
持分だけなら同意がなくても売却できます。
ここでさらに流れが2つに分かれるので気を付けてください。
1点目は大々的に買手を探すパターンで、2点目は共有名義の人たちに売るパターンです。
たいていの場合、前者に関しては見つかるまでに時間がかかります。
購入希望者が現れたら売買契約を結びましょう。
それより早く売却できるのが後者で、持分を拡大したいという理由で買おうとするケースが少なくありません。
この場合も売買の手続きを進めることになります。

基本的な流れは上記で終了ですが、最初は共有名義の人に売ろうとしたが成功せず、後で大々的に募集をかけるケースもあります。
もちろんその逆の手順で実行するケースもあるため、いずれにせよ臨機応変に対応していくことがポイントになります。
そのためにも基本的な流れをしっかり把握しておくことが大事です。

まとめ

共有名義の不動産は一筋縄では売却できないことも多いです。
まずは共有者としっかり話し合って、同意してもらおうとする努力が必要になります。
それが難しいなら、持分だけを売ることも検討しなければなりません。
普通に売り出しても買ってくれる人が現れにくい点に要注意です。
共有名義の相手への売却も視野に入れ、柔軟に進めていくスタンスが求められます。
予想外の事態が起こることも想定し、スケジュールに余裕を持たせておきましょう。