共有名義の不動産を初めて売却するなら知っておきたい基礎知識を解説

両親が亡くなったら、遺産や不動産を兄弟間で相続することになります。
棚から牡丹餅のようでついていると思っている人も多いですが、そこには厄介なことも多く兄弟間でトラブルになることも珍しくありません。
特に不動産を相続するとなると、兄弟間でよく揉めたり紛争になってしまうこともあるんです。
このようなトラブルを解消するためには、相続する人がある程度不動産や法律に関する基礎知識を把握しておかなければなりません。
ここでは共有名義などの不動産にまつわるもめごとや、法律や売却のことについて基本的知識をご紹介致します。

相続による不動産にまつわるトラブル


両親がなくなって膨大な土地に、大きな家屋や屋敷を相続できるなどうらやましい限りだと思っている方も多いことでしょう。
確かに自分が汗水たらさずして、親からこうした資産を譲り受けるのはありがたいという言葉に尽きます。
しかしながら、そう簡単に資産は手に入らず、スムーズに相続されるものでもないんです。
とくに不動産に関して兄弟間で相続する際には、トラブルや骨肉の争いになりやすいともいわれます。
親から譲り受け遺産分割を兄弟間でしようとしていても、兄の家族がその家屋に住み続け分割協議に一切応じないというケースも珍しくありません。
相続する持ち分相当の金銭を代わりに支払うよう請求しても、一切それに応じず払えるお金がないの一点張りで拒否されることもあるんです。
また相続だけでなく、夫婦間で共有名義にしていた不動産でもトラブルが起こることもあります。
夫婦仲がうまくいかず、いざ離婚となったときに相手がその家に住み続け財産分与に応じない、相応の金銭を支払って離婚に応じないといったケースも多々見受けられるのです。
共有名義の不動産の相続や財産分与にはトラブルがつきものと言っても過言ではないのです。

共有名義の不動産持ち分は売却できる?

前述のように、両親がなくなりいざ土地家屋を兄弟間で遺産分割しようとしてもスムーズにいかないことがほとんどです。
とくにその土地家屋に兄や姉がいまだ住み続けている場合には、やみくもに退去を求め一存で売却するわけにもいかず途方にくれます。
そして不動産の売却などが煩わしいために、兄弟間でとりあえず共有名義にしてしまおうとすることも多々あるんです。
共有名義にさえしてしまえば安心と思っている人もいますが、いざ売却するには兄弟全員の承諾が必要になり一人でも反対するとその土地家屋が売却できないといったことがあるのです。
こうした状態で、10年20年とあっという間に時が過ぎ、相続した兄弟の中にも死亡したり、行方が分からなくなることがあり余計に承諾が得られにくくなるということもあります。
しかし相続した土地家屋全体をすべて売却するのではなく、発想を変えて自分の持ち分だけを売却してしまうという手もあります。
自分の持ち分だけを売却してしまうのであれば、ほかの共有名義人の承諾がなくても売ることが可能となっており、法律で認められているわけです。
しかしほかの名義人の承諾なしに売るので、そのあと残った名義人と第三者との間でトラブルが起こることが多々あります。

売却後の残った名義人と第三者の名義人のトラブル


親から相続した土地家屋を兄弟間で共有名義にし、そのあとでほかの兄弟に承諾なく自分の持ち分だけを売却するとその後またトラブルが起こることがあるんです。
残された兄弟の名義人と、買い取った第三者の名義人の間でトラブルに発展することも少なくありません。
第三者の名義人は、残された名義人に家賃相当のお金を毎月請求することがあります。
家賃を払わなければそこを退去するしかなく、トラブルや訴訟に発展しやすくなっていきます。
そして売買交渉を第三者がしてくる可能性も高くなります。
兄弟間と違って、赤の他人の第三者は遠慮することなくダイレクトに売ってほしいと交渉に来ることがあります。
共有物分割請求訴訟という申し立てをされる可能性も出てきます。
話し合いで家賃相当が支払われなかったり、売買交渉がうまく進まず交渉決裂になると第三者が法廷に話を持ち込んで解決を図ろうと動くことが考えられます。
この場合裁判所の和解勧告の他、現物分割や競売に価格賠償で分割することになっていきます。
裁判に持ち込まれると長期化することもあり、できれば第三者が名義人になる前の段階で、きちんと兄弟間で遺産分割を話し合いで解決するようにした方が賢明と言えるでしょう。

まとめ

両親からの相続にはトラブルがつきものです。
とくに兄弟間で不動産の遺産相続をめぐって問題が起きやすいと言われます。
一番は兄弟間でよく話し合い、きちんと分割してしまうのが賢明ですが兄弟がそれに応じなかった場合は不動産を共有名義でおいておくことも珍しくありません。
ただ共有名義にしても兄弟全員が承諾しなければ、不動産丸々を売却できないので注意が必要です。
どうしても遺産相続で現金化したい場合は持ち分だけを売却することも出来ます。
不動産の持分だけの売却には他の共有名義人の承諾なしに売却する事が可能です。

サイトPR